施設警備の巡回業務を分かりやすく説明!巡回あるある10選も

巡回
kb

最後に巡回あるあるもあるから見てみてね

巡回の業務内容・目的

施設警備の巡回業務とは、施設内の見回りをすることです。

基本的に徒歩で行いますが、稀に自転車を使う現場もあります。

巡回の目的は、施設内のいろいろな異常を発見することです。

もちろん、人が倒れている、焦げ臭いなど、緊急度の高い異常を発見することは重要です。

ただ他にも、窓ガラスにキズが入っている、照明が切れているなど、細かいことでも、いつもと違うことを見つけたら防災センターへ報告します。

商業施設の場合は、警備員が巡回することで、万引などの抑止を行なう「見せる警備」としての意味もあります。

巡回ルートについて

巡回のルートは複数あります。

例えば、午前中は1~3階を回るAルート、夜は4~10階を回るBルート、といったように、シフトでどのルートを回るか決められています。

すべてのルートを合体させると、建物すべてを、くまなく回れるように作られています。

大きな建物だと、ルートが多くなるので、覚えるのが大変です。

巡回の時に必要なもの

巡回の時には、鍵・無線を持っていきます。

鍵は、巡回中に鍵のかかった場所に入るため使用します。

巡回ルートによって、持っていく鍵が違うため、最初は覚えるのに苦労します。

マスターキーという、一本ですべての部屋に入れる夢の鍵があるのですが、落としたり破損したりすると一大事です。

「鍵は施設警備員の命」と言われており、施設警備員さんは、鍵の取扱いについて、やたらうるさいです。

その理由は、長くなるので、また別途書きたいと思います。

無線

無線は、人が倒れている、焦げ臭いなど、緊急性の高い異常があった時に、防災センターへ連絡するため使用します。

また逆に、防災センターで何か問題を検知した時には、巡回者を呼び戻したり、問題のあった現場へ向かうよう、指示を出すこともあります。

懐中電灯

懐中電灯は、夜の巡回時に使用します。

ただ現場によって、使用しないところもあります。

自分が最初についた隊長は、懐中電灯派で、「夜の巡回は、電気をつけてはいけない。巡回者が来たことを、侵入者に知らせることになる」と言っていました。

ただ、隊長によっては「電気つけないと足元危ないでしょ。怪我するよ。つけようよ」と言う人もいます。

現場の状況や、隊長の方針に柔軟に合わせていくのが良いと思います。

巡回業務を繰り返す警備員は、ビルにめちゃめちゃ詳しくなる

巡回のルートは、建物内のすべての場所を確認できるように作られています。

ですので、巡回業務を毎日していると、警備員さんは建物の構造にどんどん詳しくなってきます。

もしかすると、毎日通った学校でも「あれ?こんな部屋あったっけ?」みたいなことがあるのではないでしょうか?

警備員さんはビルの中をくまなく歩いて回るため、ほとんどそういうことはありません。

そして、警備員さんは、建物に詳しければ詳しいほど、仕事のできる警備員さんとして尊敬されます。

例えば、

新人の警備員

kb

7階のトイレで人が倒れている!

kb

わ、分かりました!7階のトイレですね!今から行きます!

7階にトイレが2つあったため、どちらか迷って到着が遅れる

やり手の警備員

kb

7階のトイレで人が倒れている!

kb

・・・7階のトイレですね?トイレの前にベンチはありますか?

kb

はい、あります

kb

了解しました

kb

7階の東側トイレに、傷病者あり!東側の3号エレベーターが最短ルートだ!

このように、「7階にはトイレが2つあって、片方のトイレの前にはベンチがある」ことを覚えている警備員さんは、できる警備員として、一目置かれます。

巡回は難しい業務なのか?

施設警備員の巡回は、それほど難しい業務ではありません。

お医者さんから厳しく運動を制限されているとか、足が悪くて歩きづらい、とかでなければ誰でもできる仕事です。

最初は巡回のルートを覚えるのが大変ですが、一度覚えてしまえば、頭をからっぽにして、ソンビのように建物内を徘徊しているだけでも、成立してしまいます。

ノルマもプレッシャーもなく、1人で行うので気が楽な仕事です。

ただ、巡回しながら建物の中を注意深く観察するようにすれば、いざという時に、頼れる警備員さんになることができます。

例えば、建物のどことどこに、消化器があるかをちゃんと把握しておけば、火災の時に役立つかもしれません。

ポンコツ警備員になるか、頼れる警備員さんになるかの分かれ道は、毎日の巡回時のちょっとした気構えかもしれません。

kb

最近僕は、巡回はやっつけ仕事になりつつあるよ。これを書いてて気をつけようと思ったよ

深夜の巡回について

施設警備員の深夜の巡回は、冗談だと思うかもしれませんが、おばけがこわいです。

深夜誰もいない、がらんとしたビルを明かりもつけず、1人で歩くことを想像してください。

まあ怖いです。

毎日肝試しタイムがあるようなものです。

警備員になる時に、新任教育という法定研修があるのですが、その時に教官が

「おばけを怖がらない勇気を持つ」

みたいなことを言っていて、冗談かな?あんまおもしろくねーな、と思って聞いていたのですが、冗談ではありませんでした。

とは言っても、自分は我慢できないほどではありません。

ただ、世の中には霊感の強い人がいるそうで、夜の巡回が怖いから警備員をやめた、という人も過去にいたそうです。

ですので、霊感の強い人には、施設警備員は向いていないと思います。

まとめ

巡回業務は、最初にルートを覚えるのが大変ですが、一度覚えてしまえば、気合を入れた散歩、ぐらいの業務です。

巡回に限らず、施設警備員さんすべての業務を通していえることですが、慣れることがほぼすべてです。

慣れれば、毎日同じことの繰り返しです。

ただ、毎日同じルートで慣れてきても、たまには、少し気を張って、注意深く巡回をしてみるといいかもしれません。

kb

おばけだけは、どうしても慣れないよ

巡回あるある 10

  • 無線を忘れて巡回に行く
  • ビル内に確実に地縛霊がいると思われる個所が存在する
  • 監視カメラがある通路では、カメラを意識して指さし確認をしてみる
  • 巡回に行った直後、発報して防災センターへ呼び戻される。行ったり来たりして興奮する
  • 階段を降りるのが早くなる
  • 間違えて違うルートの巡回をしていることに途中で気付くが、気合いで帳尻を合わせる
  • どこからか、おいしそうな匂いが漂ってくる
  • 鍵をちゃんと閉めたか不安になって、戻って確認する
  • ガラスに少しキズがあるが、前からあったキズかもしれない
  • 人気のいない場所で、サボっているビルの人に遭遇する

「施設警備の巡回業務を分かりやすく説明!巡回あるある10選も」への2件のフィードバック

  1. 警備員指導教育責任者資格を取得されたらいかがですか?少なくとも国家資格ですから。

  2. コメントありがとうございます!
    自分は資格で取るとしたら、施設2級かな、と思ってます。
    実は以前、会社に取るように言われて断ったんですが、このブログを初めたので、取ってみようかな、と思い直してるところです。

    指導教お持ちなんですか?
    もし何か至らない点や、お気づきの点があれば、ご指摘頂けますと幸いです。

コメントを残す