立哨警備を現場目線で説明するよ!おまけ:立哨あるある15選

立哨
kb

最後に立哨あるあるもあるから見てみてね

警備員さんの立哨(りっしょう)とは

警備員さんの立哨(りっしょう)とは、ビルの入り口などで、立って監視を行なう業務です。

監視なら監視カメラでもできますが、何のためにわざわざ立っているかというと、「見せる警備」といって、このビルにはちゃんと警備員がいるんだぞ、ということを外部にアピールしてるからです。

これでトラブルを未然に防いでいるのです。

もしかすると、警備員はずっとつっ立って何してるんだ?と思っている方もいるかもしれませんが、実は立っている事自体が目的なのです。

ですので、なるべくピシッと正しい姿勢で立っているのが望ましいと言われます。

テロリストが来てビルを襲うとか、ルパンみたいな泥棒が侵入してくる、みたいなケースはあまりないと思います。

ですが、飛び込みの営業マンや、浮浪者など、ビルに関係のない人が入ってきてしまうことはよくあります。

警備員が入口でキリっと立っていれば、それだけで抑止効果があるのです。

また、ごくごく稀にですが、ガチでヤバい人が来ることもありますので、その時は防災センター全体で大騒ぎしながら、警察に通報するなど対処をします。

kb

本当にヤバい人は、警察頼みだよ!

立哨中は何を考えているの?

立哨中は自由に動けません。ただし、頭の中は自由です。

基本的に立哨中は持ち場を離れず、決められた一定の位置から動きません。

私がいる現場は、わりとおおらかにやっていますが、厳しいところだとイギリスの近衛兵ばりに、動いてはいけないところもあります。

ただ当たり前ですが、頭の中で何を考えていようと、他の人にはバレませんので、仕事とは関係のないことを考えていることが多いです。

ただし、思い出し笑いをしてニヤニヤしたりすると、出入りする人に不快な印象を与える恐れがあるので注意が必要です。

立哨は文字通り、しっかりやっているポーズをとることが重要な業務だと言えます。

立哨時のあいさつについて

朝など「おはようございます!」と挨拶をしている警備員を見たことがあるのではないでしょうか?

警備員は、なぜアホみたいに毎朝挨拶をしているのか、警備員になる前は分からなかったのですが、最近分かるようになってきたので書きたいと思います。

1. 一種の営業活動である

警備会社はたくさんあります。

クライアントが、自分のビルの警備員が元気なく挨拶しているのに、他のビルの警備員がハキハキ挨拶していると、警備会社を変えたくなってしまうかもしれません。

2.施設に出入りする人と、友好的な関係を築くため

しっかり挨拶することで、施設に出入りする人と顔見知りになり、友好的な関係を築ける可能性があります。

警備員は施設内の人からクレームが入ると大変まずいのですが、友好的な関係を築いておけば、クレームが直接本社に行くのではなく、現場に来るので、何らかの対処ができるようになります。

ですので、

挨拶は心をこめてすることが大切です。

こんなこと書くと、コイツ危ない宗教でもやってんじゃないか、とか、警備員のくせに学級委員みたいなこと言いやがって、とか思われそうですが、実際そうだと思います。

なぜなら、例えデカイ声が出ていても、言われたからやっています、というような心ない挨拶をしていると、挨拶の意味がまるでないからです。

最悪、挨拶がうるさい、うざい、みたいなクレームが来たら目も当てられません。

自分は、警備員の挨拶は、心を込めてしっかりするか、もしくは全くしないか、どちらかが良いのではないかと思っています。

立哨の時間と交代について

立哨は交代制で、現場によって違いますが、だいたい30分~1時間で交代になります(まれに長いところだと2時間のところもあります)

1時間立っているのは足が疲れますが、70歳のおじいさんもやっていることですので、文句は言えません。

普通に生活していると、1時間何もせず立ちっぱなしなんてことはあまりないので、最初は慣れずに大変でしたが、慣れてくれば楽になります。

人間の体は、環境に適応するようになっているそうです。

交代のタイミングですが、決まった時間になると交代者がやってきて、交代をします。

その時、敬礼をして「異常ありません」など報告をします。

仲の良い同僚が来た時には、ちょっとだけ雑談したりすることもあります。

交代者が遅れてくると、若干やきもきしますし、早く来るとちょっと嬉しいです。

ですので、何か理由があって交代が遅れる時などは、無線で交代が遅れる旨を連絡したりします。

まとめ

業務の効率化や、生産性の向上がうるさく言われるようになった世の中で、立哨という業務は、少し奇妙に見えるかもしれません。

ただ、建物の入り口で、監視やトラブルの抑止をすることは、ビルの中の人たちが安心して働く上で、必要なことなのは間違いないです。

ただ今後の立哨業務は、警備ロボットなどに置き換わっていくかもしれないな、とは思っています。

警備員の立哨あるある15選

警備立哨あるある

  • 勤務の後、何を食べようか考えている
  • 背伸びを繰り返して、ふくらはぎの運動
  • 唐突に虚しくなることがあるが、交代の瞬間に忘れる
  • テロリストを1人で制圧する妄想
  • 人がいなくなったのを見計らって、シフト表を見て休みの計画を立てる
  • 交代の人が早く来てくれると満面の笑みで敬礼
  • 不審者対応をした後、思い出しながら「ああ言っとけばよかった」と後悔する
  • 受付のお姉さんが気になってしょうがない
  • 意外とトイレには行きたくならない
  • 挨拶をして、返してもらえるとちょっとうれしい
  • エロいことが頭をよぎり、全力で振り払おうする
  • ときどき英語で道を聞かれてパニック
  • 佐川のお兄ちゃんやヤクルトのおばちゃんと、天気の話をする
  • 無線でキリッと「了解ッ」と言う
  • 虫が飛んできた時、こっちはあまり動けないので不利

コメントを残す