楽な仕事って本当?5分で分かる!施設警備の仕事とは?

楽な仕事?
kb

最初に言っちゃうと、施設警備は楽な仕事だよ!

警備員さんの種類と、施設警備の特徴

まず最初に、警備員さんは大きく4種類に分けられます。

kb

覚えなくても大丈夫。気楽にみてね。

  • 1号警備 施設警備
    (建物に常駐している警備員など)
  • 2号警備 交通・雑踏警備
    (屋外での交通誘導など)
  • 3号警備 運搬警備
    (現金輸送の警備など)
  • 4号警備 身辺警備
    (ボディーガードなど)

この中で、採用されるのが簡単で、誰でもやれる仕事と言われているのが、1号の施設警備と、2号の雑踏警備です。

よく楽な仕事の代表格として、警備員さんがあがりますが、それは主に1号の施設警備のことになります。

施設警備とは、オフィスビルや商業施設などに常駐している警備員さんです。

常駐警備ともいいます。

現場によって違いはありますが、施設警備は基本的に冷暖房完備のところが多く、雑踏・交通誘導の警備員さんより快適な環境が整っています。

また、夜になると建物を閉めてしまうビルが多いため、夜は暇な時間を満喫できるのです。

kb

実は夜勤中にこの文章を書いてるんだ

施設警備の施設の種類

施設警備も、現場ごとに、大きく4つに分けることができます。

  • オフィスビル
  • 商業施設
  • 大学
  • ホテル

この中で、基本的にはオフィスビルの警備が、楽さという面では一番おすすめです。

もちろん、オフィスビルでも大変な現場もありますし、大学で楽な現場もあります。

ですので、絶対とは言えませんが、おおまかにはそう考えて差し支えないです。

まとめると、警備業界で一番楽なのは、「施設警備でオフィスビルに勤務」となります。

※もちろん、例外はあります。

警備の種類一覧
1号2号3号4号
施設警備

・オフィスビル
・商業施設
・大学
・ホテル

交通誘導警備貴重品運搬警備身辺警備
巡回警備雑踏警備核燃料物質等
危険物運搬警備
保安警備
空港保安警備
機械警備

自分が今いる現場もオフィスビルですが、24時間やっているテナントがあるため、夜中にも業務が発生することがあります。

実はオフィスビルの中では、そこそこ大変だと言われている現場です。

ただそうは言っても、一般的な仕事からみると、天国のような環境です。

なにせ、2日に一回休みですし、仕事中にブログも書けるのですから。。

こう書くと、施設警備員は人気の職種で、かつオフィスビルに配属されるというのは、狭き門に思えるかもしれません。

ですが、実は全くそういう訳ではありません。

警備業界は空前の人手不足なのです。

オフィスビルの警備員さんは全く人が足りていない状態で、いろいろな会社が積極的に採用を募集しています。

最近では、人を集めるために、もともと楽な仕事を、もっと楽にしよう、という動きも出てきました。

施設警備員の勤務時間とお休みについて

施設警備員は、建物に24時間常駐して監視を行なう仕事です。

ですので、勤務体系は当直、休み、当直、休みというようになっています。

当務当務当務当務

当務一日勤務(例:朝9時から~翌日朝9時まで)

ですので、一回家を出ると、24時間以上帰れません。

現在お仕事をされている人の中では、夜帰ってくるたびへとへとで、24時間勤務なんて、とんでもないと思わる方もいるかもしれません。

実際自分も警備員を始める前はそう思っていました。

ただ、70歳のおじいちゃんも元気に働いているくらいですし、普通に健康な人でしたら、全く問題ありません。

なぜ24時間も働けるかというと、警備の仕事には、ノルマや納期といったものがありませんので、とても気が楽だからです。

24時間、頭をフル回転させて働く、海外ドラマの24みたいな働き方は、そうそうできませんが、家で24時間待機していてください、と言われればできますよね。

ただ、この仕事は眠気との戦いがなかなか大変です。

もし仕事に慣れ、眠気に打ち勝つことができるようになれば、基本的に施設警備は2日に1日休みの仕事となります。

kb

平日の朝っぱらから、映画を見たり、サウナに行ったり、人生を楽しめるようになるよ

施設警備員の仕事内容

施設警備員の仕事は主に分けると4つです。

  • 立哨
  • 巡回
  • 受付(出入管理)
  • 緊急対応

立哨

立哨は、りっしょうと読みますが、不審な人物がいないか、立って監視する業務です。

他にも現場によっては、座哨(ざしょう)や動哨(どうしょう)のところもあります。

こういうと少し難しく思われるかもしれませんが、語弊を恐れずにいうと、この業務は廊下やドアの横に立っているだけです。

もちろん、トラブルがあれば対処しなくてはいけませんが、トラブルはそう多くはありません。

kb

1時間以同じ場所に立っているのは、足が疲れるけど、お金がもらえる訳だし、文句は言えないよ

巡回

巡回業務に関しては、文字通り、建物を巡回して、異常がないか確認する業務になります。

非常階段なども巡回ルートに入りますので、階段の上り下りもでてきます。

自分はまだ30代で、巡回業務をつらいと思ったことはありませんが、高齢の方の中には、つらいと言っている方もいます。

この前みた映画で、警備員が巡回をサボっていたら、殺人事件が起きて、警備員が責められて大変なことになる、というシーンが出てきました。

警備員が巡回をサボるのは、万国共通なのかもしれません。

ただ、よほど高齢か、足が悪いという場合でない限り、それほど大変な業務ではないと思います。

kb

ダイエットだと思えば、むしろ巡回も楽しみになるよ

受付(出入管理)

警備の仕事で、もしつまずくとしたら、受付業務が多いかもしれません。

建物へ入る人の入館受付や、落し物の処理、電話対応を行います。

また、受付業務が同時に監視カメラの監視業務を兼ねていることもあります。

この業務は慣れるまでが大変です。

ただ一回慣れてしまうと、毎日が同じことの繰り返しですので、だんだん簡単に思えてきます。

ただ、商業施設など不特定多数の人が来る現場では、イレギュラーな対応をすることが多くなってくるので、慣れた人でも大変なこともあります。

緊急対応

これが施設警備員の存在理由であり、一番大変なところです。

急病人の発生や、火事・地震が起きた時に、迅速かつ適切に動かないといけません。

ただし、これについては、誰しも完璧にできるとは限りません。

むしろ、一般隊員にはそこまでのことは要求されていません。

緊急対応の必要性が生じた場合には、すぐに上長に指示を仰いで動けば、あとあと問題になることもないと思います。

kb

基本的に、僕を含めて施設警備員はポンコツの集まりだけど、隊長など責任者は、経験豊かでそれなりの人物がなっていることが多いよ

まとめ

施設警備、とりわけオフィスビル勤務は、楽な現場が多く、おすすめです。

もし興味があるようでしたら、この業界に飛び込んでみてはいかがでしょうか?

今は空前の売り手市場ですので、現場の指定など、ある程度要求は通ると思いますよ!

kb

施設警備は慣れるまでが大変だけど、慣れてしまえばこっちのものだよ!

「楽な仕事って本当?5分で分かる!施設警備の仕事とは?」への2件のフィードバック

  1. 私も22年前に商業施設の警備員をしていましたが楽な仕事だったのでもう一度戻りたいです。拘束時間が長いのでお金を使う機会が少ないためか稼ぎが少なくてもお金は貯まりやすい仕事だと思います。

  2. 現在、警備の仕事をやっています。石油プラント工場での消防と保安の仕事です。 ガス漏れや油漏れが起きると、消防車を運転して現場へ行きます。毎月、14~15当務。疲れました。年収500万です。

コメントを残す