バーチャル警備員がヤバい!あんなパネル、不審者は素通りだ

バーチャル警備員

バーチャル警備員、開発中

バーチャル警備員の開発が、2020年の実用化を目指して進んでいるそうです。

私は警備ロボットには大賛成で、まだ自分の現場にはいないので、早く来ないか心待ちにしています。

だが、バーチャル警備員、お前はだめだ。

ペッパーくんで、我々は悪夢を見ましたが、バーチャル警備員は下手をすると、もっと悪質かもしれません。

何が気に食わないかって、姿かたちを人に寄せてきたところです。(しかもイケメン)

警備ロボットはあくまで警備ロボットなので、人とリプレイスしようとするのは、やめていただきたい。

結局、完全に人と置き換わるほどの性能はないと思うので、何かあったら、我々リアル警備員が、駆けつけることになるのかと思います。

そして、バーチャルイケメン警備員の裏から飛び出てくるのは、警備のおっさん達です。

こいつは、警備員の詰所とつながっていて、お客さまから問い合わせがあった時には、我々がマイクで応答するそうです。

今流行りの、バーチャルユーチューバーみたいな感じになるのでしょうか。

ただ結局、マイクで話して埒が明かない時には、我々が飛び出ていくことになります。

イケメン警備員と話していたと思ったのに、警備のおっさんが出て来たら、お客さんはさぞびっくりするでしょう。

もしかしたら、失笑を買うかもしれません。

我々は仕事をしているだけなのに、失笑されたらたまったものじゃありません。

バーチャルイケメンなのに、中の人が出ていくことが前提なんて、ひどくないでしょうか。

しかも私は、その中の人なのです。

バーチャル警備員はパネルだ

バーチャル警備員は、パネルじゃないですか。

こんなパネル、不審者は素通りです。

酔っ払いの餌食です。

警備員が立っている意味は、「見せる警備」といって、外部に警備員の存在を周知して、トラブルを未然に防ぐことです。

パネルにそれができるのでしょうか。

ちなみに、バーチャル警備員は目配せができるそうで、それで不審者の行動を抑止するそうです。

パネルの目配せが、どれほど効果があるかは謎です。

不気味なだけではないでしょうか。

ちなみに、フルフェイスをかぶった人には、脱ぐように声をかけるそうです。

ただ、フルフェイスで建物に侵入してくる人は、たぶん相当ヤバい人なので、パネルの声かけには耳を貸さないと思います。

バーチャル警備員にも凄いところがあった

正直、粗大ごみ疑惑のあるバーチャル警備員ですが、ハッとしたこともありました。

顔認識技術で、お客さんの顔を覚えることができるそうです。

そして、次に来た時には、来館した旨を、担当者へ自動で電話連絡するそうです。

精度のほどは分かりませんが、これは正直凄いな、と思いました。

もしかすると、バーチャル警備員の本質は「顔認識機能付き自動電話機」なのかもしれません。

せっかく良い機能があるのだから、下手にイケメンの造形にすると、逆に無能な部分が悪目立ちして、損な気がするのですが、どうでしょうか。

まとめ

警備ロボットは、警備業界の人出不足を解消する、救世主です。

警備員とロボットが共存していく未来は、素敵だと思います。

ですが、バーチャル警備員とは、あまり共存したくありません。

何か本能的に受けつけないものがあります。

もしかすると、人の形をしているので、自分たちの仕事を奪う敵、と認識したのかもしれません。

私はロボットの専門家ではありませんので、詳細はよく分かりませんが、例えば、こんな感じのロボなら大歓迎です。

空想するな、実装せよ。

色々書きましたが、これはしがない一警備員のたわごとです。

仕事なので、もしバーチャル警備員が現場に来ても、中の人でもなんでもやろうとは、思っています。

コメントを残す